おすぎとピーコは現在、福岡から横浜へ。50年ぶりに同居をするも仲たがい

おすぎとピーコの現在は?福岡を離れて50年ぶりに同居をするも仲たがい




おすぎとピーコのピーコさんが行方不明になったと報道を受け、一時安否が心配されました。

警察が近隣住民にピーコが自宅マンションに住んでいるか聞き込みをしたことから行方不明説が出たことが事の発端でした。

現在ピーコさんは、おすぎさんとは別の高齢者施設に入居しているそうです。

一方のおすぎさんは現在、ピーコさんとは別の高齢者施設に入居しているようです。つかの間の間ピーコさんと同居した時期もありましたが、その前は、福岡を拠点にされていました。

近年はメディアでは滅多に見なくなっていましたが、ここ最近はどのように過ごされていたのでしょうか。

あわせて読みたい関連記事

➡もちまるは金儲けの道具でかわいそう?炎上し飼い主にアンチがいる理由

ここでは、おすぎさんはいつ福岡を離れいつからピーコさんと同居して、いつから施設に入居されていたのか、そしてピーコさんはいつから認知症の症状があったのかなどを時系列でまとめました。

さっそく見てみましょう!




おすぎとピーコの現在は?

一時は、テレビなどで大活躍していたおすぎとピーコですが、タレントとしての勢いは収まりメディアでは見かけなくなっていました。

おすぎは2010年から福岡が拠点だった

しかしおすぎさんは、東京よりも福岡での活動が増えたため、2010年から福岡に拠点を移してローカルテレビやラジオにレギュラー出演していました。

出典:KBC

おすぎは福岡の都市部のタワーマンションで一人暮らし

おすぎさんは、2010年に福岡に移住し、ローカルテレビやラジオに出演するなどのお仕事をされていました。

テレビ局にほど近い、大濠公園近くのタワーマンション、またはpaypayドーム近くのタワーマンションに住まれていた可能性があります。

花火が見える高級マンションといえば大濠公園でしょう。今は大濠公園の花火大会は無くなりましたが、花火がよく見える良い立地です。

今はpaypayドームと名称が変わりましたが、ヤフオクドームという名前の時もありました。

近くを都市高が通っていて、海岸と外資ホテルなどがある地域のタワーマンションだったかもしれません。




ピーコは横浜のマンションで一人暮らし

ピーコさんは関東に残り、横浜のマンションで一人暮らしをしながらたまにテレビやラジオ出演などをされていましたが、2022年から仕事のオファーはすべて断っていたそうです。(参照:biz-journal)

おすぎは2021年の秋に福岡を離れた

福岡のローカル番組で活躍を続けてたおすぎさんですが、2021年から認知症の兆しが出始め、仕事に支障が出ると判断されて、これまで長く勤めていた福岡でのお仕事を辞められたようです。

2021年12月末 KBCラジオパオ〜ン卒業 出展:Twitter

そして2021年の秋には、横浜のマンションで一人暮らしをしていたピーコさんの自宅へ引っ越して同居を始めていたようです。(参照:週刊女性プライム)

認知症状により福岡での仕事を辞めていた

おすぎ:「収録中、集中力が散漫になることが増えたんです。

物覚えも悪くなっていたようで、“番組に迷惑をかけるかもしれない”と本人も不安を抱えていました。どうも認知症の初期段階のような兆候があったそうです。」(福岡の番組関係者)(引用:NEWSポストセブン)




ピーコと50年ぶりに同居をするも仲たがい

おすぎとピーコさんは、話し合いの末、ピーコさんが一人暮らしをしていたマンションに引っ越し、50年ぶりに同居することに決められました。

おすぎさんはお元気な頃から、

ピーコがいてくれてよかった。老後は2人で暮らしたい

老後のお金はもう貯金してある。ピーコはお金がないから、アタシが面倒をみないと(引用:NEWSポストセブン)

とよく話していたそうです。

2021年秋から同居開始

ピーコ:「おすぎが帰ってくるのよ。具合が悪くなっちゃって、面倒みてやらないとダメなの」と2021年12月に放映されたバラエティー番組『5時に夢中!』でピーコさんは嫌そうに語っていたそうです。




おすぎは2022年から施設へ入居

同居を始めて間もなく、おすぎとピーコさんは毎日のように喧嘩をしていたそうです。

ピーコさんから自宅を追い出され、行くあてもなく街を徘徊するおすぎさんを警察が保護することが続いていたと言います。(参照:NEWSポストセブン)

この時既にピーコさんにも記憶力の低下などの認知症の兆しがあったようで、この状態では一緒に住めないと判断し、2022年からマンション近くの高齢者施設におすぎさんを入居させていたようです。

認知症の症状がありながらも自宅でひとり暮らしを続けていたピーコさんには、行政の方が週に何度か自宅に様子を見に行っている状況だったそうです。

若い頃からよくケンカをしていたというお二人ですが、互いに助け合い、仲が良い時ももちろんあったと思います。

ちなみにケンカの仕方は、殴り合いなどではなく、爪で引っ掻きあうのよと笑いながら番組で昔話してたことを覚えています。

明るく快活で、率直な物言いをしていたご意見番のおすぎとピーコのお二人が懐かしいですね。

あわせて読みたい関連記事

➡白山乃愛の実家/両親はお金持ち?幼少期からバレエを習うが父・母の職業は案外普通だった